男はヒーロー

小さいときから、男はヒーローになりたがる。

男は、語彙が豊富な方が良い。

言葉がないと、コミュニケーションができないので理解がない。

意欲、知力、論理性、情熱があり、自分なりの思想、哲学が出来る。

そこに、実行力や決断力ができる。

これに、個性、自分にしか出来ないものがあれば素晴らしい。👊


男を磨くセミナーは男塾  http://otoko-migaki.net  へ。



女性がみる夢(寝ている間にみる夢)

JUGEMテーマ:こころ

 

フロイトは、女性の夢は「性愛的な欲求の変換でしかない」という。

つまり、性欲からうまれた様々な想像でしかないという事だ。

なぜ性に行くのか。

それは、性というものが人間にとってどういう意味付けかわからないから。

 

分娩時間の長短

JUGEMテーマ:こころ

 

分娩時間の長短は何が作用するのか?

それは、産みたいか、産みたくないかの問題。

産むという事はどういうことかというと、結果的に自分を見ることになる。

自分の母が自分を見ていた目線と重なることになる。

母が自分をどう見ていたか、自分が生んだ時に重なる。

産んだ瞬間に、母がこうやって自分を見ていたのかと知ってしまう。

しかし、これは無意識的に隠ぺいされ抑圧する。

抑圧しないと、虐待しそうだから。

産む母の躊躇がある。

 

女心を知りたい方は、男塾http://otoko-migaki.net  まで。

unoのコマーシャルから思う事

JUGEMテーマ:こころ

 

女性は自己嫌悪に陥りやすい。

女性自らは自己の肯定はできにくい構造になっている。

どうしても女性は愛される必要がある。

男性は自己愛がある。鏡に映して陶酔するのは男性だけ。

そういえばマンダムのunoのコマーシャルは、男性が鏡を見て陶酔している。

自己愛は男女差がある。

 

男女の違いを知りたい方は、男塾http://otoko-migaki.net  へ手

内臓破裂の症例

 

JUGEMテーマ:こころ

 

交通事故で、車に挟まれて内臓破裂の症例があった。

この人の無意識は、挟まれたいという欲望があるという事になる。

挟まれたいという事は、離れているという事が前提になる。

これは、家族関係がバラバラだったという事。

だから、子供は黙って抱っこすると良い。

抱き癖が付くように抱っこすると良い。

そして夫婦は仲良しが良い。

 

夫婦円満は、男塾http://otoko-migaki.net  ハート

 

子供を産むわけ

JUGEMテーマ:こころ

 

女性が子供を産むのは、それぞれに意味がある。

また、意地で産む場合もある。

それは欲望ともいえる。

それに対し、父となる男性には欲望はない。

男性にあるのは、意志と責任がある。

しかし、男性は女性に誘惑利用されている。

 

男について知りたい方は、男塾http://otoko-migaki.net へクローバー

リズム

夫婦でリズムが合うか合わないかは、どちらかが不整脈を起こすことでわかる。

合わせることは、同一化。

「共に」という概念がない人は出来ない。

互いに歩み寄る能力、譲り合いの精神が大切。

子供は家庭で、個の尊重と譲り合いの精神を学ぶ。

 

家族について知りたい方は 男塾http://otoko-migaki.net へheart

 

 

 

男性の女性化

 

JUGEMテーマ:こころ

 

男性の女性化が進んでいる。

外見は、アクセサリーを付けている人。

ファッションとしてマフラーをしている人。

ともに、自らの巻き付きたい願望がある。

 

ひげを生やしている人。

自分の女性性を隠すため「ひげ」という仮面をつける。

 

男でおしゃべりな人。

ペコちゃんこれは女性の特権である。

 

男になる講座は、http://otoko-migaki.net  へ

 

 

 

男の優しさ

優しい男とは、女性の言うことを何でも聞いてくれる人だと思われがちだ。

しかし、本当はただ自分で決められないだけなのだ。

自分が一番よく知っている。

人任せ、決められないを抜け出し、判断力を養い真の男になるために。

【男塾】 http://otoko-migaki.netへ。

人間の性

動物は、種の保存という本能が全てになる。

人間には性は、生殖行為、性行為、性愛行為の3種類ある。

生殖行為は、目的は子孫を残すため。

性行為は、単なる快楽を得るため。

性愛行為は、相手を理解しあいながら愛のある行為をするため。

性愛行為は、女性のためにある。はーと

 

性愛行為について知りたい方は、男塾http://otoko-migaki.net