成熟したパーソナリティー

JUGEMテーマ:こころ

 

成熟したパーソナリティーの発達に必要なのは、G.w.オールポートによると、

 

第1に、発達した人間は、自然に湧いてくる様々な興味を持っている。

 

自分の仕事に熱中したり、瞑想にふけったり、遊びに興じたり、

あるいは他人に誠実でありたいと努めたりする。

 

人の一生は、外に向けて社会化され、かつ文化的に矛盾しない

目的に向けられない限り、

また、我欲や虚栄を超えた理想や目標に専念しない限り、

未成熟な姿になってしまう。

 

目標のはっきりした方向付けが出来ていれば、

一時的に落ち込んだり、焦ったりしても、

選んだ目標がぼやけてしまう事は無い。

こうした目標はパーソナリティーの成熟にとっての第1条件といえる

 

第2に、自己客観化の能力が必要。

それは、洞察力である。

洞察力は、ユーモアのセンスと結びついて洗練された

成熟したパーソナリティーといえる。

真のユーモアとは、自分が好むものを笑えて尚且つ

それを愛する事が出来る能力をいう。

 

第3に、一貫した人生観。

ブレずに一貫していることが大切である。

 

何かに深く没頭し、一歩引いて自分をみつめて、一貫した人生観を持つ事。

これがパーソナリティーの成熟には必要なようだ。

 

更に、人の教養のしるしは、、、

自分の職業が何かを知られずに、半日話が出来る事でもあると彼は言っている。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL