食と性

食と性は分化していないと考えられる。

女性の場合、性の抑圧は拒食となり、抑圧を解除すると過食になる。

食べ始めたら止まらなくなる。

これは、胃を食物でいっぱいにしたいという事。

他にも、いっぱいにするものは、スケジュール帳、箪笥、冷蔵庫などなど。

 

男性の場合は、味に無頓着な人ほど、性も淡泊と言える。

食事に無反応な人は味わっていない。

おいしいものをおいしいと言い、人間味を味わうことは大切です。

 

性についてのセミナーは男塾

交流について

交流とはお互いの会話が途切れなく続く状態と言える。

それによってお互いの理解が深まる。

そして親密さが増す。

これを営業テクニックに使うと、10のイエスがあると11個目はノーと言えないという法則がある。

信頼と理解を得るためには、交流が必要です。

動機

動機はどこから来るのか?

目の前に欠如、足りないものを認識したときに、それを補おうとし目的が設定される。

目的設定により、動機が形成される。

行動は目的遂行のために作られた意味と言える。

しかし、同じ欠如があっても、動機が生まれるときと生まれない時がある。

その違いは、目的設定できるか出来ないかの能力の違い。

 

原因がありそれを言語にして動機を形成して、目的達成のための行動を起こしていくと、成就しないものなどない。

女性は存在を求めている

女性は一人の社会人としての自我はあるがそこに満足はない。

なぜなら、女性は存在を求めているから。

存在は価値に置き換えられる。

価値を決めるのは感情と言える。

女性が男性に話を聞いてもらいたいと思うのは、感情を受け取ってほしいから。

 

男性の場合は、意味と言語があればいい。

男性と女性はこれほどまでに違う。

 

男女の違いについてもっと知りたい方は、【男塾】へ。

男をつくる

今や、絶滅危惧種と言われる男の復権と養成を目指して、男とは何かを学んで頂きたく、男塾を作りました。

 

もう一度、男の魂を取り戻そう。

その為には、男はただ強いだけでなく理知的であること。

男が理知的であるためには、判断力と行動力が必要です。

男塾は、真の行動できる男の養成を目指しています。

言うなれば、女性から誰よりも信頼される男になるという事です。

女性の前で、堂々と自己主張できる男を作ります。