妄想

妄想はないものをあると思いたいから、妄想する。

この形式は女性だけ。

男は妄想しない、構想する。

だから実現する。

男は知だけでよい。

男になりたい方は男塾へ。

目標設定

意志には明確な目標が必要である。

目標は、長期 中期 短期の3種類がある。

 

 長期目標:10年後のビジョン

 中期目標:1〜3年くらいの達成目標(物事を達成するには、このくらい掛かるため)

 短期目標:今日の目標

 

正確にはっきりと。これが大事。

 

詳しくは 男塾

男の資質

一貫性については、男女の差はないと言えるが、男性にとってはなくてはならない資質である。

一貫性を実りあるものにするには、決めた言葉に従うことだ。

そして、実行するためには意志の力が必要だ。

言葉に従うということは、意味があるという事。

意味があるからこそ現実化する。

思考は物質化する。

言語に隷属するからこそ、意味を理解し決意し実行する。

人間の意志は弱いので、くじけないためにはどうするか?

それは、声に出して言う事。宣言すること。

意志は声。

男について学びたい方は、男塾へ。

 

夫婦円満のコツ

夫婦は、価値感が違うのが当たり前。

私は私、あなたはあなた。

意見が違って当たり前。価値観が違って当たり前。

この価値観の違いを、100%前提にできたら自律と言える。

自律したうえでさらに思いやりのある夫婦になれたら素晴らしい。

夫婦円満のコツは、男塾へ。

父の役割

4,5歳の男の子と父の、戦いごっこの遊びの場面で。

父は、どのようにしたらよいか。

 

1 すべて子供に勝つ。父の強さを見せつけるため。

2 すべて子供に負けてあげる。子供に優越感を持たせるため。

3 3回くらいのうち1回くらい負けてあげる。

 

父とは何かを知りたい人は、男塾へ。

幸せと仕合せ

人間的なものは幸せ。

女性の場合は、仕合せ。

幸福は、お金・健康・平和を愛すること。

幸福論は女性のもので、男性には幸福論はない。

男の目ざすものの定義は、1。持つと言いう事。

それは、国土、領土、権力、体力、筋力、財力。

女性と男性では、目指す方向が全く違う。

 

男と女のセミナーは男塾t

食と性

食と性は分化していないと考えられる。

女性の場合、性の抑圧は拒食となり、抑圧を解除すると過食になる。

食べ始めたら止まらなくなる。

これは、胃を食物でいっぱいにしたいという事。

他にも、いっぱいにするものは、スケジュール帳、箪笥、冷蔵庫などなど。

 

男性の場合は、味に無頓着な人ほど、性も淡泊と言える。

食事に無反応な人は味わっていない。

おいしいものをおいしいと言い、人間味を味わうことは大切です。

 

性についてのセミナーは男塾

交流について

交流とはお互いの会話が途切れなく続く状態と言える。

それによってお互いの理解が深まる。

そして親密さが増す。

これを営業テクニックに使うと、10のイエスがあると11個目はノーと言えないという法則がある。

信頼と理解を得るためには、交流が必要です。

動機

動機はどこから来るのか?

目の前に欠如、足りないものを認識したときに、それを補おうとし目的が設定される。

目的設定により、動機が形成される。

行動は目的遂行のために作られた意味と言える。

しかし、同じ欠如があっても、動機が生まれるときと生まれない時がある。

その違いは、目的設定できるか出来ないかの能力の違い。

 

原因がありそれを言語にして動機を形成して、目的達成のための行動を起こしていくと、成就しないものなどない。

女性は存在を求めている

女性は一人の社会人としての自我はあるがそこに満足はない。

なぜなら、女性は存在を求めているから。

存在は価値に置き換えられる。

価値を決めるのは感情と言える。

女性が男性に話を聞いてもらいたいと思うのは、感情を受け取ってほしいから。

 

男性の場合は、意味と言語があればいい。

男性と女性はこれほどまでに違う。

 

男女の違いについてもっと知りたい方は、【男塾】へ。