劣等感

JUGEMテーマ:こころ

 

女性は劣等感の塊。

自分は劣っているという意識がある。

この劣等感が女性たちを悩ませる。

自信を失わせる。

自己嫌悪をつくる。

何を言っても自分を信じない。

故に人を信じない。

女性に一番欠如しているのは、

人を信じるという力。

女性たちは、自分に欠けているものは

人を信じる力だと思っている。

それは、信じたいという欲望を持っているという事。

 

女性の中で信じたいという欲望は何を作るか?

信じるものを求める力が強い。

これが信仰や占いに走らせる。

 

この劣等感が自分を卑しい物、

劣った者、汚い物というイメージを作る。

その汚いものを隠したい。

だから化粧をする。

化粧は美しく見せるというより、

自分の劣等感を上塗りで消そうとしている。

 

女性に信頼を教えるには劣等感の排除が必要。

そこで、男性が女性にすることは、

自分を肯定する能力を高める会話。

「それでいいよ」

「大丈夫だよ」

この言葉が必要。